大学・短大で学ぶ

理学療法士の受験資格を得るために学ぶ養成校のひとつには大学や短大に行く方法があります。 ここでの大学とは4年制、短大は3年制になっています。 より短い期間での学習を目指したければ、養成校での3年以上の学習が受験に必要な要件なので短大で3年間学ぶことでも十分満たすことが可能です。 ちなみに大学で学ぼうとするのなら、全国の国立大学や公立大学にある医学部や保健医療関係の学部の中の理学療法学科や理学療法学専攻、 リハビリテーション学科や専攻を選びましょう。

このように学ぶ学部の指定があることから、法学部や経済学部などで勉強して大学・短大を卒業しても、 理学療法士の試験をそのまま受けることはできないことを知っておかなくてはなりません。 もし、大学や短大へ入学後理学療法士を目指そうと考えたときに対象学科や専攻ではなかったときでも、 その大学や短大を卒業してからまた別の方法で理学療法について学び、受験資格を得ることはできます。

大学や短大で学習する場合、昼間の通学が多いですが、 中には夜間に学べる学校もあり昼間は仕事をしながら夜通学して理学療法士を目指す方法も選ぶことが可能です。 自分が学びたいスタイルに合わせて大学や短大のどちらにするかを決めましょう。