専門学校で学ぶ

養成学校での学習3年以上が理学療法士試験受験のためには必要で、その要件を満たすためには専門学校で学ぶ方法もあります。 専門学校は、大学のような4年制と短大のような3年制があり、どちらで学習しても受験資格は得られます。 専門学校の場合、リハビリに特化した内容を学習しやすい特徴があり、自分が求める内容によって選べる点もメリットです。

例えば合格率の高さや合格実績、通学の利便性や学費の金額など、さまざまな要素で比較して自分に合った専門学校を選ぶことができます。 専門学校の特徴として夜間部の募集人数が大学や短大と比較して多い点があり、 仕事をしながらまたは他の学部の大学や短大に昼間通いながら学習することも不可能ではありません。

もし大学や短大で理学療法士とは関係のない学部に入学したあとで目指したいと思ったときでも、中退せず学ぶこともできるのです。 その場合、理学療法士の学習の中で実習があるため仕事や他の大学や短大のカリキュラムを調整する必要が出てくることを知っておきましょう。 しかし、仕事をして学費を稼ぎながら夜間学習するというスタイルをとることもできる専門学校への通学は、 多くの人が理学療法士へのチャンスの機会を得られると言えるでしょう。