特別支援校で学ぶ

理学療法士の仕事は視覚障害者も免許を取って働くことのできるもので、視覚障害者の携わることができる医療技術資格として注目されています。 そのため、学習機関として特別支援学校の理学療法科を選び、そこで3年以上学んだことも理学療法士の受験要件を満たすことになるのです。 特別支援学校で理学療法について学ぶには、まず高校を卒業程度の資格を得た上で入試を受けて合格する必要があります。

入学すると人体の構造やリハビリテーションなど理学療法についての学習が大半を占め、他にも心理学や教育学などの教養も学ぶことになるのです。 理学実習もあり、より実践的な内容の学習を3年間で十分に行ってから理学療法士の国家試験を受けることになります。 しかし、特別支援校の数は一般的な理学療法士の専門学校ほどとてもたくさんあるわけではありませんが、 合格率の高い学校が多く、入学してしっかりと知識と経験を身につければ資格取得も遠い夢ではないでしょう。

社会に出て仕事に就き、自立して生活するための支えにもなるはずです。 それから特別支援校で学習し理学療法士の資格を取ると、就職についてのサポートも期待できるため障害の状況に合わせた職場に就き 資格を生かして活躍することも期待できます。