理学療法士とは?

例えば骨折をして治療のために通院し、回復してきたらリハビリを行います。 また、お年寄りなど体の機能に不自由を抱える人が日常生活を送りやすいように運動などを行うでしょう。 そのときのリハビリをサポートしてくれるのが理学療法士です。 理学療法士を簡単に説明すると、ケガや病気で障害が起きたときの回復や障害が起きそうなときの予防のために、 運動療法や物理療法を使って自立した日常生活が送れるようにサポートする医学的リハビリテーションの専門家をいいます。

治療と回復のためのリハビリ内容については全てが医師の指示によるものではなく、理学療法士みずからがその人に合わせた内容を計画するのです。 その計画の立て方には医学的観点や社会的観点、その人の身体能力や生活する環境などに合わせた回復の仕方を目指すよう、 あらゆる要素をくんで作られるため、知識と経験が不可欠になります。 その人が今後送る生活の仕方に関わってくる内容になるため、理学療法士の責任は大きいものです。

それから、理学療法士は国家資格のためその免許を取得しなければ理学療法士を名乗ることはできません。 そして免許を取るためには受験資格を満たす必要もありますが、受験資格を得る方法は幅広いので、自分に合った方法を選んで学び、受験しましょう。 当サイトでは理学療法士を目指す人、また興味がある人に向けて理学療法士の資格を取得する方法をご紹介します。 将来の目標達成に向けた道筋の参考に少しでもしていただければ幸いです。